2017年10月11日

研修ウイーク津嘉山酒造編

せっかくの研修旅行ということで、
オリオンビールのあとは泡盛酒造へ。

沖縄本島にある26酒造 (泡盛酒造組合含む)のうち、
今回お邪魔したのは沖縄で一番小規模だと思われる「國華」を作っている名護の津嘉山酒造さんです。

スタッフはなんとたった2人!!

2人でもお酒作りってできるんですね。
八重山でいつかはお酒自体を作りたいとおもうDeerestバーテンダーには大変励みになる情報です。

P_20171002_145051.jpg

酒造りから瓶詰め、ラベル貼り、発送まで全部手作業で行われています。

P_20171002_145608.jpg

樽に付いた蛇口から瓶へ…
ラベル貼りはフツーにヤマト糊だそうです。
オリオンビール工場からすぐに来たのでギャップがスゴいです。

スタッフは2人ですが、工場自体は石垣の酒造より大きく、敷地も広々しています。

敷地内には工場と住宅があり、建物は現存する赤瓦の木造家屋では最大ということで文化庁の有形文化財に指定されています。

文化財に指定されると、改修工事や改築にはいろいろと申請が必要で予算も技術も大変なことになるそうなんですが、この津嘉山酒造さんはまさにその改築工事の最中でした。

工事の幕や足場が取られたけれど、住宅部分に人はまだいない…という貴重なタイミングに行くことができたのでたった二人のスタッフのうちのお一人が作業の合間をぬって住宅部分を含め、普段見ることのできないところまで丁寧にガイドして頂きました。
 
P_20171002_145922.jpg

工事は基本的に伝統的な工法の木造なんですが、レンガや丈夫な金属パーツなども使った沖縄らしいチャンプルー文化を感じる作りです。

蒸留釜の後ろは住宅部分のお風呂になっていて、蒸留のときの熱を利用してお風呂が沸かせるようになっています。
エコですね。

沖縄の酒造がどんどん戦火に焼かれていく中、津嘉山酒造さんは建物も無事に残り、戦後米軍のパン工場として使われていたそうです。

P_20171002_150621.jpg
普段は見られない住宅部分の梁には「officers quarter (将校宿舎)」と彫られていました。
工場だけでなく住宅部分も宿舎として使われていたんですね。

米軍は戦争に勝利することを前提に戦後利用できそうだとあえてこの場所を残したのでは…と、思ってしまいました。

その後樹齢の長いお庭の木や沖縄独特の住宅の間取りなど、隅々まで案内していただきました。
本当にありがとうございます。

泡盛のことを学びに伺った津嘉山酒造さんさんでしたが、
思いがけず沖縄本島の文化や戦争の影響の大きさを知ることになり、
本当に勉強になりました。

戦争が招いた悲劇や平和の大切さ…
学んできているつもりでしたが、
沖縄本島は石垣や東京とは比べものにならないくらいあらゆるところに名残があり、
実際来てしみじみ強く感じるものがありました。

もう二度とこんなことはしてはいけない。

今平和にお酒が飲めることに感謝。

沖縄本島研修の夜はそんなことを考えながら國華を頂きました。



posted by しかのんき at 02:11| Comment(0) | 研修旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

研修ウイークオリオンハッピーパーク編

9月30日から10月3日までは連休を頂き、
友人の結婚式をからめて沖縄本島へ研修旅行に行っていました。

その間にDeerestにいらした皆様…
お会いできず本当に申し訳ありません。

お休み情報はホームページhttp://www.deerest.jimdo.com
またはFacebookやInstagram(@bardeerest)にてお知らせしています。

研修旅行ということで、
まずはやっぱりオリオンビール名護工場へ。

1507611351853.jpg

その名もオリオンハッピーパーク!
(モデル:美鹿の西の魔女)
(Tシャツ:浜詩hamauta)

ネットで見学予約でき、入場無料です。
工場内をガイドさんが案内してくれます。

ホップや麦芽の匂いを知った後、
ガラス越しに工場を見ながら歩きます。

P_20171002_131735.jpg

缶にビールが注がれてカシャンカシャン流れていくのが楽しいですね。

P_20171002_131831.jpg

ロボットアームは珊瑚のピンク、床は海の青なんですよ…っと丁寧な解説。
かわいいこだわりが詰まっています。

IMG_20171002_132246.jpg

缶ビールは1分間に12000本出来上がるそうです。

1507613398227.jpg

工場の窓から見える敷地内には生樽がずらりと並んでいます。
こんなにいっぱい機械があるのに、生樽の洗浄は手洗いだそうです。
大変な作業ですね。

ちなみにオリオンビールはすべてこの名護工場で生産されているのですが、
そのほとんどが缶ビールや生樽になって出荷され
Deerestや美鹿で提供しているこだわりの瓶ビールは全体の10パーセントだけとのこと!

その10パーセントの瓶ビールもほとんどが中瓶なので、
ラッパ飲みにちょうどいい小瓶はさらにレアってことですね。

見学のあとはお楽しみの試飲!
できたて生ビールは無料なのに2杯飲めます。
ハンドルキーパーの西の魔女は復刻ボトルのサイダーをセレクト。

Deerestバーテンダーは1杯目をあっという間に飲み干し、
2杯目の途中から西の魔女のサイダーを奪ってオリオンパナシェ(ビール+サイダー)にして楽しみました。

1507611426168.jpg

オリオンビアナッツも付いてきます。

見学に来る方はビール愛や沖縄愛溢れる方が多く、とても楽しい時間でした。

オリオンビールは今年で60周年!
これからも応援しています!!

posted by しかのんき at 14:52| Comment(0) | 研修旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

研修ウイーク波照間編

ブログいっぱい書くぞ!
と、気合い満点スタートした9月もあっという間に去っていき、
すっかり久しぶりの更新です。

その間にあれやこれ起こっていたのですが、
一番大きかったのは波照間と沖縄本島の研修旅行です。

Deerestを始めてもうすぐ丸3年、
その前の石垣市民生活約5年と、
石垣で暮らしてそこそこの年月が経過しているDeerestバーテンダーですが、
意外と離島にいくことは少なく、
波照間に行ったのは過去一度だけです。

星や海のきれいさをお客様から聞くものの、
わたしが行った日は曇り空。
肌寒くて海に入れず、星空どころか小雨でした。

…というわけで、ずーーーっと天気がいい日に波照間行きたい!!と計画していたのですが、
ついに!天気がいい日に休んですみません!と思いつつ休んで波照間を満喫してきました。

P_20170926_101449.jpg

こ、これが波照間ブルーかっ!!

1506407685090.jpg

プールみたいです!!

1506560469468.jpg

スイカは石垣から持っていました。

P_20170926_150759_1.jpg

波照間のおやつといえばみんぴかさんのかき氷!

P_20170927_115611.jpg

ニシ浜近くのDeerest号の先輩キッチンカー(作ってもらった車屋さんが同じの兄弟カー)の黒糖ソフトはそのままでもおいしいのに黒蜜かけ放題!!

研修のメインはもちろん波照間のお酒、「泡波」です。

IMG_20170926_185641.jpg

小さな酒造なのでおみやげ用の生産は間に合いませんが、島内の居酒屋さんでは普通に飲むことができます。

1507533388703_1.jpg

夜は宿の方が星空ツアーに連れて行ってくださり、星空とともに記念撮影をしてもらえました。

翌日は泳がない予定でしたが、あまりにいい天気なので再び海へ。
浅瀬にもなんと海亀がやってきます!

1507532982920.jpg

絶好のお天気に行くことで、
お客様が大絶賛していた理由がわかりました。
波照間島は本当に魅力たっぷりの島です。
最近の人気上昇と、冬場の強風に備え、
間もなく大きい高速フェリーが波照間航路に就航します。
波照間島に人が増えるのは嬉しいやら寂しいやら…
大好きなアイドルがどんどんスターダムをのし上がっていくのを見るファンの心境です。

…でもこの海のきれいさとのんびりした空気をたくさんの方に知ってもらいたい!
八重山に来たら波照間島へもぜし!
posted by しかのんき at 16:37| Comment(0) | 研修旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。