2017年10月26日

ジーマミ豆腐作り

ジーマミ豆腐=地豆豆腐=ピーナッツ豆腐
…ご存知でしょうか?

わたしは石垣に来るまで知らなかったんですが、
ピーナッツの香りと独特のもっちり感が特徴的で、みたらし団子風の甘いタレとともに売られている沖縄定番の食材です。

スーパーで売られているとついつい買ってしまうくらいDeerestバーテンダーの大好物なんですが、
雨が続く今月、時間があったのでジーマミ豆腐作りにチャレンジしました。

きっかけは石垣と千葉を行き来するにゃんこ先生(美鹿の大道具制作の先生)が送ってくれた生落花生でした。

東京出身なのでわりと身近だった茹で落花生ですが、
こうやって食べるのは生落花生が手に入る地域限定のようですね。

IMG_20171012_161601.jpg

箱いっぱいに届いた落花生は土が付いたままでまさに産地直送!!
塩茹ででほっこりおいしく頂いていたのですが、
それでもまだまだある…ということで、
ジーマミ豆腐作りスタート!

乾燥ピーナッツでも作れるところを産地直送生落花生で作るなんて贅沢過ぎやしないかしら!?と思いつつ、
頭の中はすでにジーマミ豆腐の完成予想でいっぱいでした。

P_20171013_154126.jpg

まずは塩茹でした生落花生をひたすらむく!!

ネットで調べた作り方ではミキサーで水とともに撹拌するようですが、
ミキサーがないので手で刻んでみました。

P_20171013_164135_1.jpg

最初はまわりに飛ばさないようにざっくりと…
さらにさらに刻む!!
さすがにきつくなって美鹿の西の魔女にもがんばってもらいました。


P_20171013_164129_1.jpg

けっこう大量の刻み落花生を鍋に入れ、
水とともに撹拌!!(全手動)

P_20171013_184315_1.jpg

水の量は探り探りで加えて結局ピーナッツの1.5倍くらい入れてみました。
しっかり混ざったらざっとピーナッツをすくって絞り、
あえて濾さずに粒々を残して固めることにしました。

P_20171013_184328_1.jpg

火にかけて少しずつ片栗粉(本当は葛粉らしい)を混ぜて、
「このくらいなら固まるんじゃない?」というもったり感がでたらあら熱を取ってタッパーへ。
一晩冷蔵庫で冷やしたら完成です!

P_20171015_102613.jpg

おー!ジーマミ豆腐っぽく仕上がってるー!!

ピーナッツを贅沢に使っただけあって、ピーナッツ味が濃厚でとってもおいしくできました!
…でも…うーん…
葛粉ではなく片栗粉にしたせいか、
なんとなくもっちりというよりはぼっそりしてしまいました。

ならば!揚げ出し豆腐にしてしまおう!

P_20171015_105938.jpg

軽く粉をまぶして揚げたらだし汁と醤油、酒(泡盛で代用)でつゆを作り浸すと…

P_20171015_115754.jpg

あら不思議!?
もっちり感が復活してジーマミ豆腐らしくなりました!!

うーん、でもこれは汁出ちゃうしおすそ分けしにくいなぁ…と考えつつ食べていると、
隣の西の魔女がモクモクモクモク…
なくなったと思いきやさらにモクモクモクモク…
おすそ分けを考えるくらいいっぱいあったのに半分くらいになっていました…。

ま…まぁ…大成功の証し…ということで。
とってもおいしくいたきました。

二度目のチャレンジ?は
ミキサー買うまではちょっと…。


posted by しかのんき at 21:39| Comment(0) | 石垣生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。